クレジットカードで海外旅行保険が一生無料!

あなたは海外旅行をする時に毎回高額な海外旅行保険に入っていませんか?あるクレジットカードを使えば海外旅行保険を無料に出来ちゃうんです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sony Card

Sony Card:内容・特典

※初年度のみ年会費無料に変わりました。ただし、年1回1円でも利用すれば翌年も無料。
カードを全く利用していなくとも持っているだけで海外旅行保険が使えます。
旅行時に携帯する必要もありません。
年会費無料で家族カードが作れ、同額の保険が適用されます。
SonyCard Goldにすると、家族特約で同居家族全員が保険の対象になります。
申し込み時に一般カードと、リボ払い専用カードを選択できます。


1.最高2000万円の海外旅行保険が手続不要の自動付帯。
2.次年度から掛かる年会費2,100円は、年に1度のカード利用で無料に。
3.プリペイド型の電子マネーEdy搭載。
4.ネット通販でもカード番号入力不要のeLIO。対象店舗では3%off。
5.クレジットカードで唯一のボーナス一括払いが可能。
6.プロバイダso-netの月額料金5%off。
7.ソニー製品を購入から1年保障してくれるソニープロダクツセキュリティ。
Sony Cardの注目ポイント
Sony Cardは、ソニーグループのカード会社が発行するの次世代型クレジットカード。

傷害死亡・後遺障害 2,000万円
治療費用 100万円
救援者費用 200万円
賠償責任 2,000万円(免責金額なし)
携行品損害 20万円(免責金額:3000円)

Edy(エディ)
Edyとはプリペイド型の電子マネーのこと。事前にチャージ(入金)しておくと、コンビニ、ファミレス、喫茶店などEdy加盟店でキャッシュレスで買い物ができます。そのEdy機能がMy Sony Cardに搭載されています。

JR東日本のSuicaやJR西日本のICOCAは、駅周辺のショップを中心に広がりを見せていますが、空港内のショップに強いのは圧倒的にEdy。飛行機に乗る機会があるという人にはEdyが使えると大変便利。

繰り返しになりますが、Edyはプリペイド方式。あらかじめチャージ(入金)しておかなければ利用できません。チャージ(入金)方法はいくつかありますが、Edy加盟店に設置されているチャージ用の機械から、あるいは加盟店のレジで店員にチャージしてもらうといった方法があります。

また、クレジットカードからチャージする方法もありますが、その場合は、パソリという機械が必要になります。パソリは、アマゾンなどで3,000円前後で購入可能。

パソリはEdyへのチャージだけでなく、Suicaの残高や利用履歴などが見れる便利なツール。次ぎに紹介するeLIO機能を利用する時にも使います。

eLIO(エリオ)
パソリにセットするだけで、カード番号を入力することなくオンラインショッピングが可能。この機能をeLIOと言います。オンラインショッピングで、カード番号入力に不安を感じる人には最適。eLIO加盟店のみで利用可能。

ただし、eLIO加盟店が少ないので使い勝手はよくないのが現状です。次世代ツールを使って最先端のオンラインショッピングを試してみたい人にはお勧めです。

So-netプロバイダ料金割引
So-netの基本料金の5%が割引されます。

ソニープロダクツセキュリティ
Sony Cardで購入したソニー製品が購入日より1年以内に偶然の事故などによって故障した場合に補償してくれるサービス。年間最大50万円まで。免責金額3,000円。

通常のメーカー補償では対応できない部分もカバーしているので、ソニー製品愛用者には使えるサービスとなっていますす。

申込資格高校生を除く18歳以上の方(未成年者の場合は親権者の同意が必要)

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。